終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。2話を読んだので、レビューと感想を紹介したいと思います。

(注:ネタバレも少々含んでいます。)

 

終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。画像

 

 

「え?」

 

「羽田野さんの部屋って?」

 

 

「男性用のほうが広いんだよ」

 

「だから寝るくらいなら、使えるだろ!」

 

 

自分の部屋を、オバちゃんに占領されてしまった事で始まった2人の口喧嘩。

 

 

恋人でもない2人が、

同じ部屋に寝ることなんて、

当然出来ない訳で・・・。

 

 

みのりちゃんの言ってる事の方が100%正論ですよね。

 

でも、
羽田野さんは、

みのりを自分の部屋に泊めようと必死です。

 

 

ま、このカプセルホテルにみのりを連れてきたのも、自分ですからね。

 

 

「もしかして・・・」

 

「意識してんの・・・?」

 

 

キラッ

 

 

羽多野さんのとびっきりのスマイルに、ドキっとしてしまったみのり。

 

 

だけど、

「意識してんの?」

なんて言われてしまったら、

行かないわけにはいきませんよね^_^

 

 

なんだかんだで、

羽田野の部屋に来てしまったみのり。

 

緊張していつもの自分を出せません。

 

 

ここがアレですね。

ターニングポイントでしたね(^O^)

 

 

羽田野さんの部屋に入って、

ベッドに2人並んで座っていて・・・。

 

緊張しまくってるみのりちゃん。

 

 

「普段見せない女の子らしい態度。」

 

そして、

かがんだ時に偶然、見えてしまった胸。

 

 

そんなものを見せられて、キュンとしてしまう上司。

 

 

そっと顔を近づけてキス・・・。

 

 

「ちょっとやめてくださいっ!」

 

 

このあとが

やばかったですね(^O^)

 

 

 

「終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。」の2話は、

このシーンが本当にドキドキしてしまいました♪

 

 

気になる方は、

「終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。」の無料立ち読みをまず読んでみて下さいね~♪

 

1話50円ですので、気に入った方は本編をどうぞ~(^O^)

 

(ページ数たっぷりの無料立ち読みは、会員登録しなくても読めます★)

 

 

「終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。」

無料立ち読み
こちらからどうぞ

↓↓コミックフェスタの公式サイトです↓↓

終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。

 

 

今回の記事よりも、もっと詳しいネタバレはこちらで書きました。

 

→「終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。」2話ネタバレ

 

 

次回の「終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。」3話のレビューと感想も書いています。

 

お時間があればどうぞ(^O^)

 

→終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。3話レビューと感想

 

 

 

■「終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。」全話ネタバレをまとめたページもあります。

 

→「終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。」全話ネタバレまとめ

 

 

最後まで、読んでいただいてくれた皆様、ありがとうございました(^O^)感謝です(^O^)