眠るあの子にハメてみた。
6話ネタバレ・あらすじ・感想を紹介しています。

 

眠るあの子にハメてみた。愛実

眠るあの子にハメてみた6話ネタバレ

 

「眠るあの子にハメてみた。」6話は、
数日間、ハメれなくて溜まっていた叶多。

 

 

買い物から帰ってくると、愛実はリビングで寝ていて・・・。

 

 

我慢出来ない叶多は、

眠る愛実のパンツを下げ、マ◯コをじっくりと観察。

 

 

ピンク色の愛実のマ◯コで興奮した叶多は、そのまま

眠っている愛実に
挿入してしまうのでした・・・

(一度発射したあとは、口に咥えさせて・・・。)

 

 

「眠るあの子にハメてみた。」
をとりあえず
無料立ち読みしたいんだ!

という方は
こちらからどうぞ

眠るあの子にハメてみた。
入れてもイっても起きないんだもんっ

▼▼ クリック ▼▼
眠るあの子にハメてみた。
【コミなび純稿】眠るあの子にハメてみた。~入れてもイっても起きないんだもんっ!ver1

眠るあの子にハメてみた。【6話あらすじ前編】

「眠るあの子にハメてみた。」
6話タイトル

イラマチオでおねしょしちゃうの?

 

 

買い物から帰ってきた叶多は、リビングで眠っている愛実に気付きました。

 

座ったまま眠っている愛実。

 

 

何日もの間、ハメれなかった叶多。

「愛実が本当に眠っているのか?」

念のために声をかけてみます。

 

 

「・・・・・。」

 

 

完全に眠っているのを確認した叶多は、

愛実のお尻をグィッと持ち上げて、

パンツを脱がせました。

 

 

目の前には愛実のマ◯コ。

 

 

「もう・・・無理・・・」

 

 

「我慢出来ない・・・」

 

 

座ったまま眠っているので、いつ起きてしまうのかわからない状況。

 

ですが、ハメたくて我慢出来ない叶多は、

 

愛実のオマ◯コを

くぱぁ

と開きます。

 

 

目の前には、愛実の
ピンク色のキレイなマ◯コ。

 

 

愛実のパンツを脱がす時から

勃起していた叶多。

 

 

ゆっくり・・・

ゆっくり・・・・

 

 

愛実のオマ◯コに、勃起しているチ◯ポを近づけていきます。

 

 

「はぁ、はぁ・・・」

 

 

「やっと愛実にハメる事が出来る。」

 

 

そう思うと、叶多の呼吸は激しくなっていくのでした。

 

 

 

亀頭がマ◯コに当たります。

眠りから覚めないように、ゆっくりと挿入していきます。

 

 

ぐぷぷぷぷ・・・・

 

 

パンパンに膨らんでいる亀頭が、
眠っている愛実のマ◯コに入っていきます。

 

 

 

「うわっ・・・」

 

 

「何日間もお預けを食らっていたせいで・・・」

 

 

「すっごく気持ち良い・・・。」

 

 

 

(「眠るあの子にハメてみた6話ネタバレは後編に続きます・・・。」)

 

 

締まりが良くて、温かい愛実のマ◯コ。

我慢出来ない叶多は、
激しく腰を振っていく!

一度射精しても、勃起している叶多は
再び眠る愛実のオマ◯コに!

眠るあの子にハメてみた。
入れてもイっても起きないんだもんっ

無料立ち読みはこちら
▼▼ クリック! ▼▼
眠るあの子にハメてみた。
【コミなび純稿】眠るあの子にハメてみた。~入れてもイっても起きないんだもんっ!ver1

眠るあの子にハメてみた【6話あらすじ後編】

 

座ったまま眠っている愛実の腰を持ち上げ、挿入している叶多。

 

バックの体位で、挿入していました。

 

 

気持ち良すぎる愛実のマ◯コ。

腰を振っても眠りから目覚めない愛実。

 

挿入中の叶多の腰を振るスピードは、早くなっていくのでした。

 

 

パンパンッ

 

 

マ◯コの奥が性感帯の愛実。

 

マ◯コの奥にチ◯ポが当たると、
叶多のチ◯ポを

ギュぅっ

と締めつけてきます。

 

 

「やばっ・・・」

 

 

「もう、出そう・・・。」

 

 

愛実の小さなお尻を持ちながら、
チ◯ポを叩きつけていると、

あまりの気持ち良さにもう、
射精したくなってしまいます。

 

 

びゅるるるるっ

 

 

まだわずかな時間しか経っていないというのに、射精してしまった叶多。

 

 

しかも、愛実のマ◯コの中に

たっぷりと精子を放出してしまいます。

 

 

「ふーっ・・・」

 

 

「ふーっ・・・」

 

 

愛実のマ◯コの中に思いっきり精子を出した叶多。

 

何日も我慢したせいでしょう。

 

 

まだ、チ◯ポは勃起したままです。

 

 

「まだだよ。愛実・・・。」

 

 

叶多は眠っている愛実にそう言うと、再びマ◯コに入ったままのチ◯ポを・・・

 

 

このあと、叶多は

さっきまでマ◯コに挿れていたチ◯ポを、まだ眠っている愛実に咥えさせます。

 

 

眠ったまま、
勃起しているチ◯ポを
口に入れられてしまった愛実は!

 

 

眠ったまま
セ◯クスする愛実と叶多。

眠っているのに、
感じすぎてしまった愛実は・・・

眠るあの子にハメてみた。
入れてもイッても起きないんだもんっ

無料立ち読みと本編は
こちらからどうぞ

▼▼ クリック! ▼▼
眠るあの子にハメてみた。
【コミなび純稿】眠るあの子にハメてみた。~入れてもイっても起きないんだもんっ!ver1

眠るあの子にハメてみた【6話感想】

 

「眠るあの子にハメてみた。」6話。

エロかったです!

 

久しぶりの愛実のマ◯コは、気持ち良かったんでしょうね(^O^)

 

抜かずに2発。

そして、口に咥えさせてもう1発。

 

合計3回も発射するんですもん(*^_^*)

 

眠ったまま、気持ち良くなってしまう愛実も良かったですね(*´ω`*)

 

愛実の良いトコロって、
個人的な意見ですけど
「カラダ」が良いんですよね~。

 

成長しきっていない。

というか、

これからオトナのカラダになっていく過程。

 

果たして、同意してくれる人はいるのでしょうかw

 

小さい胸に小さいお尻。

そして、とっても可愛い顔。

 

そんなまだ未発達の愛実が、

「眠っている間に処女を喪失・・・」

 

なんて、最高なんでしょうか(*´ω`*)

 

 

次回の「眠るあの子にハメてみた。」7話は、急展開!

 

今までは、

「眠っている間に何が起きているのか」

知らなかった愛実でしたが、

 

眠りから覚めると、下半身に違和感があって・・・。

 

 

次回の「眠るあの子にハメてみた。」7話のネタバレもお楽しみに!

 

次回の「眠るあの子にハメてみた」7話のネタバレはこちらから

眠るあの子にハメてみた。
入れてもイッても起きないんだもんっ

7話

→あ、起きちゃった?じゃ、もう一発

 

無料立ち読みしたいんだっ!

という方はこちらからどうぞ

眠るあの子にハメてみた。
入れてもイっても起きないんだもんっ

▼▼ クリック! ▼▼
眠るあの子にハメてみた。
【コミなび純稿】眠るあの子にハメてみた。~入れてもイっても起きないんだもんっ!ver1

前回の「眠るあの子にハメてみた5話ネタバレ」も読んでみようかな?という方はこちら

 

眠るあの子にハメてみた。
入れてもイッても起きないんだもんっ

5話

→お預けされてもう我慢できない!

 

 

 

こちらのページで「眠るあの子にハメてみた。」全話まとめています。

 

→眠るあの子にハメてみた【無料画像・ネタバレ・感想】まとめ

 

 

最後まで「眠るあの子にハメてみた。」6話ネタバレにお付き合い頂きまして、有難うございました!