眠るあの子にハメてみた。
8話ネタバレ・あらすじ・感想を紹介しています。

 

眠るあの子にハメてみた。愛実

眠るあの子にハメてみた8話ネタバレ

 

「眠るあの子にハメてみた。」8話は、

 

 

「本当にここでするの?」

 

 

今からセ◯クスすることに
躊躇する愛実。

 

 

「ここ、人来ないから大丈夫だって。」

 

 

いつでもどこでも
ハメたくなってる叶多は、
愛実が嫌がってるのに、関係ありません。

 

 

「あっ」

 

「だめっ」

 

 

「まって!」

 

「まってってばぁ!」

 

 

叶多は愛実のブラウスを脱がし、おっぱいを舐めていました。

 

 

「どうしてダメなの?」

 

 

この前は起きてる時にセ◯クスしたのに、嫌がる愛実に戸惑う叶多。

 

 

愛実は口を開けて、叶多の問いに答えます。

 

 

 

「だってぇっ」

 

 

「ここ・・・」

 

 

 

「学校だよ・・・?」

 

「眠るあの子にハメてみた。」
をとりあえず
無料立ち読みしたいんだ!

という方は
こちらからどうぞ

眠るあの子にハメてみた。
入れてもイっても起きないんだもんっ

▼▼ クリック ▼▼
眠るあの子にハメてみた。
【コミなび純稿】眠るあの子にハメてみた。~入れてもイっても起きないんだもんっ!ver1

眠るあの子にハメてみた。【8話ネタバレ前編】

「眠るあの子にハメてみた。」
8話タイトル

学校なのにハメてみた。

 

 

叶多は休み時間を使って、
愛実とセ◯クスしたくなっていたのでした。

 

 

ですが、
学校でセ◯クスすることに躊躇してしまう愛実。

 

 

 

「だってここ、学校だよ?」

 

 

「誰かに見られたら・・・。」

 

 

乳首を優しく噛む叶多。

 

 

「大丈夫だよ、愛実。」

 

 

「ここ、人来ないから・・・。」

 

 

今は休み時間。
場所は、愛実と叶多と通ってる学校の踊り場。

 

普通ではない叶多の行動に、困ってしまう愛実。

 

 

叶多は先日、
愛実にハメているのがバレて、完全に暴走気味なのでした。

 

 

「愛実には、今まで俺が我慢した分・・・」

 

 

叶多はベルトを緩めていきます。

 

 

「ちゃんと返してもらわないと・・・。」

 

 

愛実のスカートをめくり、パンツに手をかけていきます。

 

 

「だめだよっ!」

 

 

学校はセ◯クスする場所じゃない。

 

と思っている真面目な愛実。

お尻を指で触られて、気持ち良くなりはじめていました。

 

 

叶多は愛実のパンツを
ゆっくりと脱がしていきます。

 

濡れている愛実のマ◯コ。

 

叶多はもう、ハメたくてハメたくて我慢出来なくなっていました。

 

 

「えっ?」

 

「本当にするの?」

 

 

「うん。」

 

 

「ここで?」

 

 

「うん。」

 

 

「このままじゃ戻れないし。」

 

「大丈夫、すぐに済ますから。」

 

 

ゆっくりと挿入していく叶多。
愛実のマ◯コは濡れていて、叶多のチ◯ポを飲み込んでいきます。

 

ズンッ

 

叶多は一気に奥までチ◯ポを挿入しました。

 

 

「ひゃぅっ!!」

 

 

愛実は気持ち良くて、

声が出てしまうのでした・・・

 

 

(「眠るあの子にハメてみた8話ネタバレは後編に続きます・・・。」)

 

 

締まりが良くて、温かい愛実のマ◯コ。

我慢出来ない叶多は、
激しく腰を振っていく!

一度射精しても、勃起している叶多は
再び眠る愛実のオマ◯コに!

眠るあの子にハメてみた。
入れてもイっても起きないんだもんっ

無料立ち読みはこちら
▼▼ クリック! ▼▼
眠るあの子にハメてみた。
【コミなび純稿】眠るあの子にハメてみた。~入れてもイっても起きないんだもんっ!ver1

眠るあの子にハメてみた【8話ネタバレ後編】

 

一気に挿れられて、
チ◯ポがマ◯コの奥に当たった愛実。

 

気持ち良くて、大きな声が出てしまいました。

 

 

「愛実、声・・・」

 

 

「だってぇ。。。」

 

 

「叶多がぁ・・・」

 

 

バックで挿入されている愛実。

 

気持ち良くて

 

プルプル

 

震えてしまっていました。

 

 

「ごめん、一気に奥まで挿れちゃった。」

 

声が出ないように、両手で口を押さえている愛実。

 

 

「んっ・・・」

 

 

「ふっ・・・」

 

 

「あー気持ち良い・・・」

 

「声、我慢出来る?」

 

 

コクン・・・。

 

愛実は小さく頷きました。

 

 

「じゃあ、動かすよ。」

 

 

このあと、叶多は激しく腰を動かしていきます。

 

 

ぐちょぐちょに濡れてくる
愛実のマ◯コ。

気持ち良くて出てしまう声を
必死に手で押さえる愛実。

 

「眠るあの子にハメてみた。」8話は
相当エロい内容になっています!

 

 

立ちバックで挿入されている愛実。

「はんっ」
「ん”っ・・・」

出てしまう声を
必死に我慢する愛実が超可愛い!!

眠るあの子にハメてみた。
入れてもイッても起きないんだもんっ

無料立ち読みと本編は
こちらからどうぞ

▼▼ クリック! ▼▼
眠るあの子にハメてみた。
【コミなび純稿】眠るあの子にハメてみた。~入れてもイっても起きないんだもんっ!ver1

眠るあの子にハメてみた【8話感想】

 

「眠るあの子にハメてみた。」8話。

相当エロい内容でした(*´ω`*)

 

 

今までは「眠ってる間」だけハメていた叶多。

 

先日、愛実に
「もう、愛実は処女じゃないんだよ。」
と事実を伝えてから、場所も構わずハメたくなってしまったようです(^O^)

 

愛実はやっぱり、叶多のことが好きだったんですね。

叶多のこんな危険な行動を受け入れるんですから。

 

それにしても、愛実ちゃん。
この前まで処女だったのに、エッチな女の子になってしまっていました。

 

乳首を舐められ気持ち良くなり、
お尻を触られるだけで濡れはじめ、
挿入すると、マ◯コからエッチな汁が垂れてくるように。

 

愛実のパンツのセンス・・・

 

学校でハメたこの日は「黒猫」。
1話ではたしか、ヒヨコ。(1話はこちらから)

他には「ニンジン」のパンツもあったような・・・。

 

叶多に嫌われたくない愛実は、

次回の「眠るあの子にハメてみた。」9話で、パンツを買いに行きます。

 

試着室で、同級生の知華と!!!!!

 

って内容になっています。
(注:知華は愛実のことが大好きな女の子です。)

 

次回の「眠るあの子にハメてみた。」9話をお楽しみに!

次回の「眠るあの子にハメてみた」9話のネタバレはこちらから

 

眠るあの子にハメてみた。
入れてもイッても起きないんだもんっ

9話

→爆乳と貧乳をスリスリしませんか?

 

 

「眠るあの子にハメてみた。」
を無料立ち読みしたいんだっ!

という方はこちらからどうぞ

眠るあの子にハメてみた。
入れてもイっても起きないんだもんっ

▼▼ クリック! ▼▼
眠るあの子にハメてみた。
【コミなび純稿】眠るあの子にハメてみた。~入れてもイっても起きないんだもんっ!ver1

前回の「眠るあの子にハメてみた7話ネタバレ」も読んでみようかな?という方はこちら

 

眠るあの子にハメてみた。
入れてもイッても起きないんだもんっ

7話

→あ、起きちゃった?じゃ、もう一発

 

 

最後まで「眠るあの子にハメてみた」8話ネタバレにお付き合い頂きまして、有難うございました!

 

 

こちらのページで「眠るあの子にハメてみた。」全話まとめています。

 

→眠るあの子にハメてみた【無料画像・ネタバレ・感想】まとめ