眠るあの子にハメてみた。
10話ネタバレ・あらすじ・感想を紹介しています。

 

眠るあの子にハメてみた。愛実

眠るあの子にハメてみた10話ネタバレ

 

「眠るあの子にハメてみた。」10話は、

 

 

「え?」

 

「ともちゃん・・・」

 

 

「そこはだめだよぉ・・・」

 

 

「下着、汚しちゃう・・・」

 

 

知華に乳首を舐められて、
愛実はマ◯コから、エッチな汁が溢れ出てしまっていました。

 

「大丈夫、私が買ってあげるから。」

 

下着を汚して、買い取りしないといけなくなる心配をしている愛実。

 

「買うから大丈夫。」

 

と、愛実の心配を解消し、自分の欲求を愛実にぶつけていく知華。

 

下着屋さんの試着室。

 

オトナっぽい知華に、
下着を選んでもらうだけだったはずなのに、

 

愛実は知華に
エッチなことをされてしまうのでした・・・

 

 

「眠るあの子にハメてみた。」
をとりあえず
無料立ち読みしたいんだ!

という方は
こちらからどうぞ

眠るあの子にハメてみた。
入れてもイっても起きないんだもんっ

▼▼ クリック ▼▼
眠るあの子にハメてみた。
【コミなび純稿】眠るあの子にハメてみた。~入れてもイっても起きないんだもんっ!ver1

眠るあの子にハメてみた。【10話ネタバレ前編】

「眠るあの子にハメてみた。」
10話タイトル

愛実のおま〇こちゅるちゅる~

 

さっきまでは、

試着室の外からカーテンを開けて、

愛実の着替えを見ているだけだった知華。

 

 

ですが、

愛しい愛実をもっと近くで見たくなってしまい、

試着室に入ってきてしまいます。

 

 

知華は服を脱ぎ、

下着姿になっていました。

 

 

知華の胸を見た愛実。

 

 

自分は小さい胸なのを悩んでいました。

というか、
大きな胸に憧れを持っていました。

 

 

「知ちゃんのおっぱい、大きくていいな~」

 

「どうやったら、そんな大きくなるんだろ・・・。」

 

 

手を上下に動かし、

「ぺったんこ」

なおっぱいを残念がる愛実。

 

 

悩む仕草を見ていた知華。

愛実に近づいていきます。

 

 

「愛実、ちょっといい?」

 

 

知華はそう言うと、愛実の背後に立ち、

店員の様にきちんとブラを付け直すのでした。

 

 

ブラを付けてる胸の中に手を入れて、脇から肉を寄せていくのです。

 

くすぐったくて、カラダを動かしてしまう愛実。

 

逃げる愛実の一方で、

「なんだ、この乳。」

「やわらけぇ~」

知華は愛実のおっぱいを堪能していました。

 

 

「ほら」

 

「ちょっとおっきくなったでしょ?」

 

 

鏡に映る下着姿の愛実。

 

 

「ほんとだぁ」

 

「すごーい!」

 

 

今までは無かった谷間。

知華のおかげで、

さっきよりも胸の谷間が出来ていて、喜んでいます。

 

 

「谷間、できた~」

 

まだ自分の姿を見て、喜んでいる愛実。

 

 

ですが、

 

はぁはぁ

 

呼吸が激しくなってる知華。

 

愛実の後で、

知華は

「ある事」

を企んでいました。

 

 

「これはいけるぞ!」

 

 

(「眠るあの子にハメてみた10話ネタバレは後編に続きます・・・。」)

 

 

ちっぱいだったのに、
谷間が出来て喜ぶ愛実。

愛実のおっぱいを
怪しまれずに触れた知華も喜んでいます。

このあとエッチな事を
試着室の中で行われていく!

眠るあの子にハメてみた。
入れてもイっても起きないんだもんっ

無料立ち読みはこちら
▼▼ クリック! ▼▼
眠るあの子にハメてみた。
【コミなび純稿】眠るあの子にハメてみた。~入れてもイっても起きないんだもんっ!ver1

眠るあの子にハメてみた【10話ネタバレ後編】

 

谷間が出来て、喜んでいる愛実。

 

愛実が谷間が出来て喜んでいるので、

 

 

「おっぱいを大きくしてあげれば、愛実は喜んでくれるだろう。」

 

「その為には、もっとエッチなことをしても怒らないだろう!」

 

 

知華の脳裏には、そんなことが浮かんでいました。

 

 

知華は愛実に再び近づいてきます。

せっかく良い感じに付けたブラを外していきます。

 

 

「あとはね~」

 

「こうやって~」

 

 

愛実のおっぱいを右手で下から支え、左手で揉んでいきます。

 

「え?」

 

知華におっぱいを揉まれて、驚く愛実。

 

 

知華は怪しまれないように、

 

「乳腺を刺激してあげるといいのよ~」

 

もにゅもにゅ

と愛実のおっぱいを揉んでいきます。

 

 

しばらく愛実のおっぱいを揉んでいると、

愛実の胸に変化が。

 

 

「おやおや?」

 

「気持ち良いのかな~?」

 

 

「勃ってきてるぞ~」

 

 

知華に乳房を揉まれていたせいで、
愛実の乳首は、勃ってしまっていました。

 

 

「あっ」

 

 

乳首が勃って恥ずかしがる愛実。

 

でも、知華は乳首が勃ってることに喜んでいます。

 

 

「あぁ・・・」

 

 

「なんて、愛らしい乳首なの・・・」

 

 

指先で固くなってる乳首を触っていきます。

 

 

我慢出来なくなってきた知華。

今度は乳首を指ではなく、舐めていきました。

 

 

「んっ・・・」

 

 

カラダをピクンと震わせてしまう愛実。

 

 

このあと、知華は

パンツの上から愛実のマ◯コを触っていきます。

 

 

「そっちは・・・」

 

「だめだよぉ・・・」

 

 

「そっちはだめだよぉ・・・」
「下着、汚しちゃう・・・」

知華は愛実のマ◯コを
音を立てながら、
いやらしく舐めていく・・・

眠るあの子にハメてみた。
入れてもイッても起きないんだもんっ

無料立ち読みと本編は
こちらからどうぞ

▼▼ クリック! ▼▼
眠るあの子にハメてみた。
【コミなび純稿】眠るあの子にハメてみた。~入れてもイっても起きないんだもんっ!ver1

眠るあの子にハメてみた【10話感想】

 

「眠るあの子にハメてみた。」10話。

エロかったですね!!

 

知華の活躍で、愛実のエッチなトコロをたくさん見せて頂けました♬

 

今回は「ハメるシーン」はありませんでした。

でも、知華のおかげで、愛実が感じまくるシーンが山盛りでした。

 

女の子に触られても乳首が勃ってしまう敏感な愛実。

そして、アソコからエッチな汁が出まくってしまいました。

 

パンツがビチョビチョになるくらいに濡れてしまうなんて、愛実ちゃんはエッチな女の子です♬

 

マ◯コを触られ、濡れてきた時、

「そっちはだめだよぉ~」

って困った顔の愛実が今回の超オススメのシーンです。

 

是非、
「眠るあの子にハメてみた。」10話では、
この時の愛実の表情に注目して欲しいと思います。

 

先にネタバレしておきますが、

次回の「眠るあの子にハメてみた。」11話は、ちょっとエロ少ないです。

 

でも、12話~は

皆さんが期待しているエッチな愛実が見れます(^O^)

(手マンでイク愛実がいます★)

 

次回からの「眠るあの子にハメてみた。」11話ネタバレもお楽しみに!

次回の「眠るあの子にハメてみた」11話のネタバレはこちらから

眠るあの子にハメてみた。
入れてもイッても起きないんだもんっ

11話

→家に連れ込んだらヤること一つでしょ?

 

無料立ち読みしたいんだっ!

という方はこちらからどうぞ

眠るあの子にハメてみた。
入れてもイっても起きないんだもんっ

▼▼ クリック! ▼▼
眠るあの子にハメてみた。
【コミなび純稿】眠るあの子にハメてみた。~入れてもイっても起きないんだもんっ!ver1

前回の「眠るあの子にハメてみた9話ネタバレ」も読んでみようかな?という方はこちら

 

眠るあの子にハメてみた。
入れてもイッても起きないんだもんっ

9話

→爆乳と貧乳をスリスリしませんか?

 

 

こちらのページで「眠るあの子にハメてみた。」全話まとめています。

 

→眠るあの子にハメてみた【無料画像・ネタバレ・感想】まとめ

 

 

最後まで「眠るあの子にハメてみた。」10話ネタバレにお付き合い頂きまして、有難うございました!