犯された人妻お姉さん
~年上美女の反応がやらしすぎる件~

3話ネタバレ、あらすじ、感想を紹介しています。

犯された人妻お姉さん

期間限定
第1話10円キャンペーン中!

無料試し読みはこちらから
▼ 画像をクリック! ▼
ハンディコミック【犯された人妻お姉さん[ワニマガジン社]】LP2※スマホ専用

犯された人妻お姉さん3話ネタバレ

「犯された人妻お姉さん」3話は、

 

温泉の美人女将と、
母親を亡くして元気がない少年の物語。

 

 

大好きだったママがいなくなって、

性格まで暗くなってしまったノブユキ君。

 

 

困った父親は、

顔なじみの温泉の女将に、

子供が元気が出るように

お願いしていたのでした。

 

 

「今日は私をママと思って良いのよ。」

 

「思いっきり甘えてちょうだい。」

 

 

女将の大きなおっぱいを舐めて、

ママを思い出すノブユキ君。

 

 

おっぱいを舐めていたノブユキ君。

おち◯ちんが大きくなってしまいます。

 

 

ママとして、

甘えさせたい女将は、

ノブユキ君のおち◯ちんを

口に咥えてます。

 

 

初めてのフ◯ラで、

気持ち良くなってしまったノブユキ君。

 

 

「ママ!!」

 

「おしっこでるっ!」

 

 

おち◯ちんから出る液体は

全部おしっこ

だと思うノブユキ君に、

 

ママから女に変わっていった女将は、

優しくセ◯クスを教えてあげるのでした・・・

 

(「おっぱい、すごい柔らかい・・・」久しぶりにママを思い出すノブユキ君。)

(嬉しくなった女将は手コキとフ◯ラ。そしてナマ挿入まで!)

 

ハンディコミック【犯された人妻お姉さん[ワニマガジン社]】LP2※スマホ専用

 

前回の
犯された人妻お姉さん
2話はこちら

→旦那よりも気持ち良い!

犯された人妻お姉さん3話エッチなシーン

「犯された人妻お姉さん」3話のエッチなシーンは、

 

夜になって、

1人で温泉に入ってるノブユキ君のシーンから始まります。

 

 

天国にいるママを想いながら、

 

「ママ・・・」

 

「僕、さみしいよ・・・」

 

今にも泣き出しそうなノブユキ君。

 

 

「ノブユキ君・・・。」

 

 

「だ、誰っ!?」

 

 

声が聞こえた方を見ると、

バスタオルで前を隠してお風呂に歩いてくる女将さん。

 

 

大事なトコロは隠れていますが、

人妻の豊満なカラダは、

バスタオルからハミ出てています。

 

 

「お湯加減はいかが?」

 

 

「え?」

 

「ここ・・・男湯じゃないんですか?」

 

 

女将さんがやって来て、

自分が間違って、女湯に入ってしまってる。

と思ってしまうノブユキ君。

 

 

「うちのお風呂は全部、混浴なのよ。」

 

 

裸の女性が近づいてきて、

恥ずかしくなってしまうノブユキ君。

 

 

慌てて逃げようとします。

 

 

「逃げないで・・・」

 

 

女将はノブユキ君の後ろから抱きついてきました。

 

 

「お父様から事情は聞いているわ。」

 

「私でよければ・・・」

 

「つらいこと、全部話して。」

 

 

「今日は私をお母さんだと思って・・・」

 

 

「甘えていいから・・・・。」

 

 

女将さんの優しい言葉。

 

今まで、

つらい気持ちを誰にも言えず、悩んでいたノブユキ君。

 

 

女将さんをママと思って、

思いをぶつけていきます。

 

 

「ぼく・・・」

 

 

「新しいママと全然、仲良くなれなくて・・・。」

 

 

「ぼく、ずっと・・・」

 

 

「つらかったよーー」

 

 

本当のママがいなった寂しさで、

ずっと誰かに甘えたかったノブユキ君。

 

 

泣きながら、
女将さんに抱きついてきます。

 

 

正面から抱きついたノブユキ君の顔には、女将の大きなおっぱい。

 

 

「ずっと甘えたかったのよね・・・。」

 

「寂しかったのよね・・・。」

 

「私が全部聞いてあげるから・・・」

 

 

久しぶりのママの温もり。

 

 

ママが大好きだったノブユキ君は、

小さい頃を思い出して、

女将さんのおっぱいを舐めてしまいます。

 

 

「んっ・・・」

 

 

小さく出てしまう声。

 

でも、

 

「今日はノブユキ君の思い、全部受けとめてあげる。」

 

ノブユキ君を、

辛い気持ちから救い出してあげるため、

何でも言うことを聞いてあげることにしました。

 

 

「ねぇ・・・」

 

 

「ママって呼んでも良い?」

 

 

「いいのよ・・・」

 

 

ノブユキ君は女将のことを

今だけ、本当のママ

と思い込んでいます。

 

 

女将の乳首を

昔小さかった時のように

ちゅーちゅー

吸っていきます。

 

 

「あっ・・・」

 

 

乳首を吸われて気持ち良くなってしまう女将。

 

 

「ママの味だ・・・。」

 

 

久しぶりのママの乳首。

そして、久しぶりのママのニオイ。

 

 

ノブユキ君は女将の乳首を、ずっと触っていました。

 

 

「ノブユキ君・・・」

 

「そんなにおっぱいばっかり触らないで。」

 

 

乳首を触られて、気持ち良くなってしまう女将。

 

 

「だって、ママのおっぱい。」

 

「柔らかくて、気持ちいいんだもん。」

 

 

自分のことを「ママ」と思ってくれている事に嬉しくなってしまう女将。

 

 

「じゃあ、もっと・・・」

 

「気持ち良いことしてあげるね・・・。」

 

 

女将の手は、ノブユキ君のちんちんに伸びていきました。

 

 

「ママ・・」

 

「そこ、汚くないの?」

 

「イヤじゃない?」

 

 

ちんちんを触られて、恥ずかしい気持ちになるノブユキ君。

 

 

「何言ってるの。」

 

 

「ママ、ノブユキ君のおち◯ちん触れて幸せよ。」

 

 

女将はノブユキ君の
おち◯ちんを口に咥えていきます。

ノブユキ君が喜んでるのを見た女将。

ちん◯んを手に取り、
そのまま、
マ◯コへと運んでいくのでした・・・

犯された人妻お姉さん
~年上美女の反応がやらしすぎる件~

無料試し読みはこちら
▼ 画像をクリック! ▼
期間限定で第1話は10円キャンペーン中です
ハンディコミック【犯された人妻お姉さん[ワニマガジン社]】LP2※スマホ専用

次回
犯された人妻お姉さん

→4話ネタバレはこちら

犯された人妻お姉さん3話感想

今回の3話に登場した女将さんもエロかったですね☆

今までに登場した人妻お姉さんもそうだったんですが、

「犯された人妻お姉さん」に登場する女性のカラダは全員エロすぎる!

 

あ、そうだ。

普段は髪の毛を結ってる女将さん。

風呂場でノブユキ君とセ◯クスしたあと、結っていた髪の毛がほどけてしまっていました。

 

普段、結ってる髪の毛がほどけるのって、とってもエロいもんですね。

(見れない物って見れると興奮してしまいます。)

 

期間限定で第1話が10円なので、
「犯された人妻お姉さん」第1話と合わせて3話も読んでみて下さいね^ー^

 

犯された人妻お姉さん
~年上美女の反応がやらしすぎる件~

無料試し読みと
期間限定で10円の第1話はこちら
▼ 画像をクリック! ▼
期間限定で第1話は10円キャンペーン中です
ハンディコミック【犯された人妻お姉さん[ワニマガジン社]】LP2※スマホ専用

次回「犯された人妻お姉さん」4話はこちらから

 

次回
「犯された人妻お姉さん」
~年上美女の反応がやらしすぎる件~

4話

 

 

 

最後まで「犯された人妻お姉さん」3話ネタバレにお付き合い頂きまして、ありがとうございました!